<   2009年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧


奉仕は自分に出来ることを自分も楽しみながら

2週間ほど前に、北原リハビリテーション病院で、水曜日の活動以外の時間に
初めてイベントをさせていただきました。

「アロマセラピーとアコースティックライブ」のイベントです。

患者様とそのご家族様にもアロマセラピーの活動のこととアロマセラピーの
ことをもっとアピールしたいなぁということは常々思っていました。
しかし、私一人が動ける活動量は限られているし、周りの流れに先走って
必死になったりして続かなくなるのもどうだろうかという思いもあり、
今は、細く長くを第1に活動しています。
なので、今回のイベントは、アロマセラピーを広めたい・・ももちろんないわけでは
ないけど、3年目になり、ここで少し私の活動のモチベーションにもてこ入れする
必要も感じてさせていただいたというのも正直なところ。

それで、アロマセラピーと私のできること’音楽’で皆さんに楽しんでもらおうと
思いました。

当日は、会場にアロマポットをいくつか用意して会場に芳香をし、
私おすすめの蓼科ハーバルノートのハーブティーを大きなやかん
二つ分つくってお飲みいただきました。
~普段は水分を取りたがらない患者様が飲み干されておかわりしていたと
聞いてうれしくなりました。(^_^)

何か、きれいなお花も持参したかったのですが、手が回らなかったところ、
他のボランティアさんが、お庭のバラでアレンジを造ってきてくださり、
私の思ったとおりの、目で楽しむお花も準備されました。

五感を使って感じてもらおう。
嗅覚「エッセンシャルオイルの香り」、味覚「ハーブティー」、
聴覚「アコースティックライブ」に、視覚「バラの花のアレンジ」。
(触覚「トリートメント」は毎週水曜日の活動で・・)

当初、キーボードだけもっていって生音で一人こじんまりするつもりだったのですが、
ギターを入れてもらうことになり、アコースティックなら音響も大きい容量いらないから
PAをいれることにしました。
なので、病院のガラス張りの明るいデイルームでしっかりライブらしい
ライブさせていただいたんです♪

デスペラード
テネシーワルツ
サントワマミー
ニューヨークの思い出
ハナミズキ
涙そうそう
五番街のマリー
ラストダンスは私に

リハビリの患者さまはご年配の方が多く、精神科の患者様にはお若い方も
いらっしゃるので、曲はこんな感じでどうかしらと。
サントワマミーなんて私が大好きになりましたよ。
皆さん楽しんで聴いてくださっていたようなのでよかったです。

音楽療法士の先生や他のスタッフの方にも、’よかった‘と言っていただいて、
次回あれば、誘導や席などこうしたらもっと患者様に楽しんでいただけそうだから
協力しますよ。と言うおことばもあり、うまくいったんだなと・・うれしくなりました。
そして、アロマを広めることも絡めてライブの定期開催はどうかというお話
となり、またやらせていただくことになりました。

ギターのパートナーと「こういうところで音楽をさせてもらうことは、
自分たちが提供するのでなくて、得ることの方が大きいのかもしれない。」
と話しました。

数年前に1年近く、ギタリストのチャーリー西村さんやドラマー丹野雅之助さんや
ハーモニカの千葉謙一さんなど、すばらしい方たちの演奏でライブを
定期でさせてもらえたことで(バンボラ片岡さんのおかげ)、
私の歌はまだまだ未熟だけど大丈夫なんだと、歌うことのモチベーションを
高めていただき、それから本当に楽しく、かつ恥ずかしいという思いをなくして
気持ち込めて歌えるようになりました。(感謝!!)

そしていろいろなところで歌える機会もいただけて。
私の声や歌はこのようなシチュエーションで歌うことにはあっていると
自分でも感じています。
自分に出来ることを自分も楽しみながらやらせていただける奉仕、
ありがたくやらせていただきます。
[PR]

by aroma_amitie | 2009-05-31 00:00 | セラピストの活動

月末の日曜日、サロン空き情報

おはようございます!
曇っていますね。雨も3日続いて、そろそろ太陽が見たいですね。

今日、明日は月末の休日。サロンの方は
明日の日曜日、午前10時と午後2時
からの枠があいて
おりますので、ご予約をお待ちしております。

5月はゴールデンウィークにお休みしたにもかかわらず、たくさんの
お客さまにご利用いただけました。ありがとうございます。
この勢いで、私はラストまでがんばります!
お客様は、のんびり過ごしにぜひいらして下さいね!
また体調がいまいちの方も、月替わりの区切りにしっかり
ケアをなさいませんか?アミティエのトリートメントは、
オイルトリートメントにヒーリング(気功)がばっちり入り、
不調にはよりしっかりとケアが出来ます!

それでは、お天気には負けず(^_^) 楽しい休日になさってくださいませ!
[PR]

by aroma_amitie | 2009-05-30 08:28 | サロン日記

命をやりとりする話

楽しい話ではありませんので、ごめんなさい。

サロン近くのバーゼル(八王子のケーキ屋さん)のカフェのキッシュが
お気に入りで、お天気がよいので外の席で食べていたんです。

しばらくして、目の前の席の女性が、タバコを吸いながら電話で大きな声で
話し始めました。外は禁煙じゃないからタバコに目くじら立てませんが、
電話の内容が・・どうも、猫を売り買いする話をしてるんですね。
足元をみると、網の部分が錆びたペットのキャリーバッグが置かれている。

’早く引き取ってほしいのよ’’代替え?が欲しいといわれてるから’
’値段は4.5ね’
’うん、かわいい、商売向き’
’売れないような時期に生ませるブリーダーがいるのよ’
’すぐおっきくなるんだから’
’預かっている間にダニをとって、病気になれば病院につれていき
100万からかかって儲けどころかこちらは赤字’・・だとかなんとか。

食べているものがだんだん不味くなってきました。

この女性は、どうしてこんなことをそこらじゅうに聞こえる
大きい声で話していたのかな。
’いのち’をいかにも物として扱っている言い方。商品ですもの、
大事に扱っているでしょうが、誰も耳にしたくない話。
それを書いてしまっていますが。

ティータイムをぶち壊しにされて腹が立ったまま帰ってきましたが、
もどったら、はらはら涙が出てきた。腹立ちだけじゃなかった。
何か深いところ(いのち)でもチクリとやられた感覚。
でも、思い直した。
通常、影でやりとりされる生なましい話をびしばし聞かせてくれて・・・
現実を教えてくれたのかね。
ブランド猫を売り買いしてブランドバッグをぶら下げているおばちゃんよ。
(いや、この方にはバッグだけではなくて、ご飯の種になる大事なご商売。)
ペット業界はこういう人たちもいて成り立っているらしい。

しかしなんにせよ、動物に罪はないのだ。
きたないだとか臭いだとか、増えて困るなんていわれる野良も、
雑種にはない特徴をもつ愛らしい犬猫たちどちらにも。
[PR]

by aroma_amitie | 2009-05-27 00:00 | 日常のこと

自分を大切にする時間を

お客様が、私の前の記事を読まれて、お食事にもれなく私がご一緒する
企画なのだと思ってたとおっしゃったので、笑ってしまいつつ、
うれしかったです。
「高村志保とのランチ付きのトリートメント」、芸能人じゃないんですから。(笑)
長いおつきあいのリピーターのお客様、そんなに私が話上手な社交家じゃないと
わかっていつつ、もれなく私がご一緒すると思って、来月の予約を考えて
きてくださって、本当はこれは大変うれしいことなのです。ありがとうございます!
それでは、せっかくですから喜んでご一緒させていただくと申し上げました。(^_^)

お仕事や子育てや家事や・・忙しくて、自分を優先したり、ゆっくりしたり、
楽しんだりする時間をいつの間にか持たなくなっている方が結構いらっしゃいます。
せっかくサロンへリラックスしにいらっしゃるとき、もひとつ小さな楽しみを
プラスしてみてはどうかしら・・というご提案です。
(もちろん、レストランと提携しているわけでもありません。(笑))

お話をうかがっていると、人とワイワイ過ごしたいという方より、
一人でじっくり過ごす時間がほしい、自分を優先する時間がない、
ほしいという方が多いのです。

人と一緒でも、本当に気を遣わないで過ごせるなら全然OK、
沈黙があっても平気でいられる相手。
穏やかに落ち着いた心持ちでいる同士、自分の中をそれぞれに見つめている
同士なら、たくさんのおしゃべりで間を満たす必要も実はないから。
でも、そんな風に一緒にいられる人って、社交のお友達では
なかなかいないと思いませんか。
私には、夫とあと二人くらい・・?。(笑)まあ、そんなにたくさんもう
いなくてもいいのかも。年をとればとるほど、もっと深く自分と向き合うことの
方が優先になってくるし、その先ちょっと早いけど、それが出来る老人になれない
と孤独でとても苦しくなる・・と思う。

もしなにか、こころを消耗させる日々の出来事や仕事に疲れたり、ストレスを
感じたりしているのならば・・そう、社交はやめて一人で過ごすのはいかが?
(もちろん時には社交を楽しむことも大切でしょうが。)
一人でゆっくり過ごしたり、人や間(ま)を満たすことを気にせず、
自分自身を優先させることは、健康にこころ穏やかに生きることにとって
とても大切だと思っています。

別にレストランでお一人様でお食事をするという行為はどうでもよくて、
自分を大切にすること、それには、いろいろな方法があるのだと思うのですけど。

私は、リンドバーグ夫人の「海からの贈り物」を、大学生のときに
男の子の同級生に「これいい本だから。」と頂いたんです。
だけど、当時はもちろんちんぷんかんぷんでした。(笑)
どうしてこれを今くれるのかわからなかった。
そして、本をくれた子が理解していたとも思えないのだけど。(笑)
(だれかの受け売りだったのかな。)

☆与えるのが女の役割であるというのなら、その泉が涸れてしまわないよう、
女もまた満たされなければならない。
☆しかしわたしは何よりもまず、わたし自身とひとつでありたい
☆私たちは結局、みな孤独である。ひとりでいるということを、
もう一度はじめから学びなおさなければならない

でも、今なら・・わかります。
[PR]

by aroma_amitie | 2009-05-25 00:00 | サロン日記

野鴨の家とトリートメントをセットでいかが?

b0145479_310765.jpg

こんばんは。
インフルエンザのことでお客様からご心配のメールをいただきましたが、
アミティエは通常通り営業しています、ご安心ください。
ご心配ありがとうございました。<(_ _)>
アロマポットでの芳香やエアーフレッシュナーでシュッシュとしたり、
出来ることだけはしながら対応しています。

でも今日は、そんなこと気にしつつも、先日ちょっと書きましたが、
アミティエから数十メートル先に移転オープンしたレストラン「野鴨の家」へ
ランチしに行ってきました。(写真は帰るときに撮ったので夜ですが)
西八王子の30年の老舗欧風家庭料理レストランが移転してきたんですよ。
外観もかわいらしく、中も白壁にアイアン調の飾りなどされていてステキ、
ちょっと隠れ家チックな雰囲気もあります。

ランチメニューは、
限定20食の1000円のプレートランチ、
ランチセット(¥1800円)、
ランチコース(¥3500円)
他アラカルト・・となってました。

私は、先日は1000円プレート、今日はランチセットにしたので、
3つのうち2つ体験。
メインのお料理にもよると思いますが、プレートランチがとても気に入りました。
スープ・小さな前菜・サラダ・メイン・パン・小さいデザート・飲み物までついて
このお値段なので、早くいかないと終わってしまうようです。
今日は終わっていました、1時20分頃でした。

ランチセットは、前菜一品・スープ・メイン(魚orお肉)・パン・デザート・飲み物
です。お肉がガーリックのソテーだったので、魚(かさごのポワレ)にしました。
仕事中でなければ、お肉にしたところです。

コースの方は、お肉料理とお魚料理両方だったと思います。

奥様方のグループでにぎわっていましたが、カウンターがあり
一人だとそちらで食事ができるのでいいなと思いました。

実は、もう、サロンのお客様も、トリートメントのあとにお二人ほど
お寄りになったそうです。ついグラスワインもオーダーしてしまった、
一人時間を楽しまれたというメールをいただきました。(笑)

野鴨の家、ランチは休日もやっています。
プレートランチしてからサロンへもよし、サロンのあとゆっくりコースもよし。
あぁ、私がそんなことしたくて書いているです、これ。
来週の月末、土曜・日曜日、アミティエはご予約可でございます。
こんな過ごし方いかがですか。
[PR]

by aroma_amitie | 2009-05-22 00:00 | サロンのお客様へ

こういう時だからこそアロマセラピーを

おはようございます。東京でのインフルエンザ感染者が確認されたというニュース。
八王子発ということでドキっとしました。けれども、私たちがやれること、やることは
決まっている。冷静に、できるだけいつもどおりの生活や仕事ができるように自分を
守り、他の人を守るように心がけるだけです。

こういうとき、テレビがないのはある意味幸いなこと。
情報は、インターネットでなんでもはいるから困らない。
インターネットの情報はフラットにはいってくるから、耳や目から、
煽るようにショッキングな言い方で情報を伝えられるより平静でいられます。

私が出来ることは、マスクをすること、うがい・手洗いをすること。
とりあえず意味なく新宿だの渋谷の人ごみにいかないこと。
八王子のサロン周辺での私の行動範囲は非常に陜いので、特にしばらく
それを今より広げない。

そして、これはいつもしていることだけど、アロマセラピーを充分に活用すること。

アロマセラピーは「予防」にとても適しています。

映画「パフューム」の時代またもっと前の時代ことか・・
皮なめし業という職業、そして貴族が使う皮手袋を作る人たちがいたそうです。
当時、皮手袋には、皮のにおいを消すためにいい香りの香料を
しみこませたということなのですが、疫病が流行ったときに、この皮手袋職人たちの
多くは、疫病から守られた。という話を読みました。なにで読んだかわすれて
しまったのですけど。
この時代の香水というのは、人工香料の香水ではなくて、いま、私たちが使っている
「精油」。植物の天然香料のことなのです。

「精油」には、抗ウィルス作用・抗菌作用などあることは学んでいましたが、この話を
読んだときに、本当に香りにはすごいパワーがあるのだなと感心しました。
ウィルスや菌に対抗というだけでなく、身体そのものを強くする(強壮)ということも
あるのだと思います。

そういう意味では、アロマセラピストも毎日、鼻から手から大量の精油を
身体に取り込んでいるのですね。

インフルエンザが流行るとき、私が毎年思い出す話。
ですから、今この時期などまさにアロマを活用するときだと思っているのです。

○「ティートリー」
○「ラバンサラ」
○「ユーカリ」
○「レモン」
○「ラベンダー」

インフルエンザ対策としてまずは、
○「うがい」するときに、上記の精油のうちどれか2・3滴落としてする。

あとは、普段から実践していることですが、
○アロマバス・・・お風呂にエッセンシャルオイルを入れてはいる。
天然塩や重曹に5滴ほど混ぜてからお風呂にいれる。
○ボディのオイルマッサージまたは塗布だけでも。
マッサージ用の植物オイル(ホホバ・スイートアーモンド・マカダミアナッツ・・etc)
に精油を混ぜ(植物オイル15ミリに精油3・4滴)
○部屋の芳香・・香りだけでなく本当に空気を正常に保ちます。
レモンなど顕著にわかりますよ。
○免疫力アップ効果のあるハーブのハーブティーを飲む

鼻から気管支・肺へ、そして皮膚の毛穴から、精油が身体にはいることで、
精油成分が血流にのり、微量だけどたくさんの種類の成分その
薬効が穏やかに作用していきます。
そして、気持ちのよい香りは脳へすぐに働きかけ、ストレスからこころと
体を緩める働きをします。

豚インフルエンザだけでなくて、既存のインフルエンザや季節の風邪も
今、この時期にひいてしまうと、疑いをもたれて生活に支障をきたします。
体や心がストレス状態であれば、体調もくずしやすいです。

「精油」を正しい方法で日常的に身体に取り入れることは、体調を保ち
(今回のことに限らず)「病気」を予防することに必ず役立ちます。

出来るだけニュートラルで落ち着いて過ごしていられるようにしたいものです。

こういうときこそ「アロマセラピー」大いに利用してみて下さい。

サロンでもお役立ち情報提供いたします。
アロマトリートメントは、疲れを取りさり、ストレスを状態をゆるめ、免疫力を
あげ、心身の強壮につながりますからサロンへもぜひいらしてください。












   
[PR]

by aroma_amitie | 2009-05-21 00:00 | サロン日記

移転して1年です

こんにちは。
連休があけてもう、次の週末が来ましたね。おやすみは楽しく過ごされましたか?

私は新潟へ帰省してきました。新潟まで、国立・日野インター~中央高速~圏央道~関越道~新潟空港インターといくのですが、それぞれ、高幡の自宅から日野インター、空港インターから実家まで、10分とかからないので、東京(うち)と新潟が1本道でつながっているような錯覚に陥って、なんだかすぐ近くのように感じています。(まさに錯覚)

いざとなればわたしでもいつでもすぐ行ける・・という安心感というところですね。母の用事、お墓参り、姪っ子のショッピングのお供、弥彦へドライブ、家族と過ごしてきました。

さて、戻ってきて日常にもどり、またがんばりつつ、楽しく仕事を創造していきます!よ。ちょうど、昨年のこの時期に、駅前のこの場所に移転して1年経ちました。この1年大きな問題なくサロンを運営できたことは、サロンのお客様あってのこと。心より感謝しております。ありがとうございます!

そして、家族も、いつでも私のやりたいことを優先させてくれおかげ。どうもありがとう!

さあ、今日は、午後からサロンで仕事です。行ってきます!

あっ、そうです。アミティエの前を通り過ぎてもう少しいったところに、レストラン「野鴨の家」が西八王子から移転してきたのです。新築のマンションの1階に、不思議な空間があるなぁ。。と思っていたら、外壁にいろんな小物がついて、すてきな空間ににかわって、レストランができていました。
女性一人ですごせるカウンタースペースもあるそうです。今日、オープンですよ。私も、近々まずはランチにいってご報告しますね。

サロンとランチをセットですごすのはどうかしらなんて、勝手に便乗プランを考えている私です。(笑) 本当にこれどうでしょう。
[PR]

by aroma_amitie | 2009-05-10 00:00 | サロン日記

ロングストロークを体験しませんか?

こんにちは。

先月、八王子の友人セラピストが、エサレンマッサージのセラピストさんから
マッサージテクニックのエッセンスを学ぶ機会をつくってくれました。
ほんのちょっぴりですが教えて頂きました。
(エサレンマッサージというのは、アメリカの南カリフォルニアにあるエサレン研究所
というところではじめられたマッサージテクニック。
エサレン研究所では、こころとからだを解放するための様々なセラピーや
ワークショップが行われています。)

エサレンマッサージの特徴の一つは「ロングストローク」。
通常、私たちのアロマトリートメントでは、脚部と上半身・・と分けてトリートメントを
しますが、ここでは足先から肩まで、そして手までを一気にアプローチしていく
手わざがあるのです。
そして、この一つの動きだけでも、バランスを失った時のからだの分離感から、
「からだとこころは一つのつながりでしっかり存在している」という感覚を
とりもどすことができるようなのです。


それで、さっそくお客様から頂いた反応があります。(実証)
エサレンの予備知識をお持ちでないお客様に、何も説明しないでお受けいただいたところ、
「バラバラだったからだがひとつなぎにつながった感じがした。」
と見事に上記のような感覚を体感して、表現してくださったのですね、
このストロークがはいったということで。

それから、もうお一人のお客様には、臀部から腰のあたりをしっかりアプローチ
するので、腹部の内臓器官がすぐに活発に働き出す感じがしてこれはいいと思う・・
と仰られました。(実際、苦しかった便秘がトリートメントですぐに解消されました。(^_^))

おそるおそる、長いお付き合いのリピーターさんに、小出しにおすすめしていました。
なぜかというと、紙ショーツなしで何もつけず裸でお受けいただくトリートメント
だからなんです。ロングストロークには、紙ショーツが邪魔になるからです。
(アロマトリートメントをご体験ない方へ参考にご説明いたしますと、
大きなタオルをかけて、出来るだけ、受け手の方が緊張や違和感を感じないよう
トリートメントする部位だけすこしずつ出させていただきながらすすめます。)

でも、、、
「なんだかよくわからないが、なんとなく開放的。」という程度のことでなくて、なにも能書きを説明
しなくとも、こんな風にしっかりとストロークの意図が伝わり、効果も実際に感じていただいて
おりますので、今から、小出しじゃなくて、大きく皆様にオススメすることに致します。

アミティエのボディトリートメントにロングストロークが加わります。ぜひぜひ体験してみてください!
[PR]

by aroma_amitie | 2009-05-01 00:00 | サロン日記
line

京王八王子駅前 アロマサロンAmitie セラピストのブログ


by aroma_amitie
line
カレンダー