<   2008年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧


今日はこちらで

b0145479_21113429.jpg
b0145479_21115432.jpg














こんばんは。今日は、ここで活動。山の上にある病院は、見晴らしが良くて、お天気のよい日は本当に気持ちがよいです。窓のとても広い「富士山の眺めがすばらしいトイレ」もあるのです。(残念ながら患者さましか使えませんが。^^;)

水曜日は、退院された患者さまの外来の日。毎週トリートメントを受けていただき、先日退院された患者様とお会いできました。とてもよく回復されて退院され、サロンにも行きたい、と仰ってくださっていた患者様。今まで、数名の患者様のご自宅へ出張にはうかがいましたが、患者様初のサロンのお客様として本当にお越しになれるかも・・と思いました。まだご自宅での生活が始まったばかりですので、ムリせずゆっくり、落ち着いたところで、ぜひサロンに来ていただきたいなぁと思っているのです。

夕方病院を出てから、整体治療院に寄りました。多分おそらく、病院のベッドでのムリな姿勢のトリートメントの影響が、1年半たって最近出てきたよう。右の骨盤の辺りが変な感じ。それで、サロンのお客様にご紹介いただいた治療院に行き始めているのですが、専属の先生がいるってなんだかいいですね。(笑) 今日、13人のトリートメントの後とは言わないで施術がはじまりましたが、「つかれたでしょう。」ってすぐに。こんな風に安心して定期的に身体のメンテナンスをまかせられるところがあるってとってもうれしい。
私もこういう芯のところで信頼されるようにならなくては・・とそんなところもあらためて思います。

帰り道は、甲州街道を走ってきましたが、なんだか元気になったのか鼻歌が・・。
でも、歩道の街路樹の木の葉が舞っていたので、つい出てきた歌は「♪枯葉舞うぅ夕ぅ暮れは~~くる日の寒さをも~~お~のがたぁりぃ♪」。「こいびとよぉ~~~♪」に向かって徐々にもりあがっていったのでした。
[PR]

by aroma_amitie | 2008-10-29 00:00 | セラピストの活動

朝から

b0145479_9274564.jpg寒くなってきたから朝からペタっ。甘えているのが男の子。
[PR]

by aroma_amitie | 2008-10-28 09:31 | ねこ日記

精油への興味

b0145479_230342.jpgこんばんは。
慌しいと、自宅ではアロマセラピーしてないことが実は多いです。けれど、最近、また、アロマが趣味だった頃、毎晩実験(というか遊び?(笑))していたときのような興味ごころがわいてきて、精油をすぐ手の届くところに置いてみようと思って。こうしておくと、夫もボトルを持って香りをかいだり、お風呂に持っていったりします。選ぶときも、並んでいるから、「直観で選べば。」とやってみたりするのも面白い。部屋もどの香りということはないけど自然に芳香浴の状態になるので一石なん鳥かになっているみたいです。

いろんなボトルが並んでいますが、私はいろいろなものを購入しています。成分分析表がついた有名ブランドがよいのかな・・それは間違いないかもしれないけど、自分でたくさん試してみたい。どんなに信頼できる・・といわれているブランドでも、日本に入って代理店を通したときの値段はあまりにも・・という感じがしないでもないです。もう日本人には情報がないからわからないだろうという時代でもないと思うのですが。

英語バッチリじゃないけど、直でブランドのホームページの「ABOUT US」のあたりをがんばって読んで、誠意が感じられてよさそうだなぁ・・と思ったら購入してみます。イギリスのブランドだと、アロマセラピストやアロマセラピースクールの学生には、少量でも卸してくれるブランドもあるんですよ。
安く買えるブランドもありますし、高いブランドも。あるブランドがすべて良しというより、好みで選べば、この香りは、ここのが好き、この香りはここが・・ということになるかなと思います。
今、フレグラントアースというブランドから取り寄せているのですが、世界的なパフューマー、「鼻(ネ)」の称号をもつパフューマー(調香師)が厳選した精油なのだそうです。他とそんなに違うかしら。香水の調香師が選んだ精油、今、これが届くのを楽しみにしているんです。
(ちなみにフレグラントアースは日本でも購入できるブランドです。)
[PR]

by aroma_amitie | 2008-10-27 00:00 | 日常のこと

秋のガーデンに移行中

b0145479_2325353.jpg入り口前のハンギングをアメジストセージ・レモンバーム・(花がないけど)ラベンダーにしてみました。少し秋らしくなったかな。
と言っても、インパチェンスと日々草もがんばっていてまだまだ健在。ホントによく咲いてくれたので、ありがとうと最後までがんばれ~って感じ。夏の名残と秋が混在中の踊場ガーデンです。
これからの季節の花を、駅前の花良でチェックしたり、お店の人に聞いてみたり、本格的な秋バージョンにチェンジしていくのもちょっと楽しみです。
今日はお客様に、チューリップの球根をたくさんいただきました。これは冬まで保管。

アミティエは、京王八王子駅ビルと花良の間の小路を入って3つ目のビル。
見上げるとこのお花たちとつるにち草のつるが階下に伸びています。
これが目印。(^^♪ 
これからの季節に向けてあたためるトリートメントメニューがたくさんあります。
どうぞ秋のトリートメントにいらしてくださいね。(^.^)
[PR]

by aroma_amitie | 2008-10-19 00:00 | サロン日記

今月5周年になります!


こんにちは。
今日もさわやかな秋晴れで、気持ちいいですね。
お休みの方は、楽しい休日過ごせそうですね。

さて、今月、アミティエはおかげさまで5周年を迎えました。

女子寮のようなホントに小さいワンルームの
部屋で兼業の週末サロンから始まり、
2年で本業にシフト、今年は移転して、
少し箱も大きくなり、あらたな環境で始めることが出来ました。

お客様そしていつもそばでいつも応援してくれた人たちの
おかげです。
こころからお礼申し上げます。ありがとうございます。

それから、私の活動にいつも最大限の協力を
してくれる家族にも感謝。

でも、ここ1ヶ月は、サロンのアニバーサリーのプロモーションを
考えるというより、自分と身の回りの整理をしようと時間を
使っていました。
なんだか自分の心を表しているような混乱状態にあった
自宅も、いらないものをたくさん棄て、掃除をし、
模様替えをしました。とてもすっきりしました。
次、サロンに関わる諸々にこれから取りかかっていきます。

外側の整理と一緒に、自分の中も整理して、
新たな気持ちで仕事をしたいな・・と思ったんです。

5年サロン運営していても不得手な部分というのは変わらず
あって、時々どっと落ち込んだりするのですが、
そういうところも見ない振りせずしっかり向き合って、
少しずつ克服しながら、新しいサロンをつぶさないように^^;
また仕事を続けていきたいと思っております。

これから11月にかけて、5周年記念のささやかな
プレゼントご用意してお待ちしております。

リピーターのお客様には、引き続きこれからも
どうぞよろしくお願い致します。
整理も終わりつつあることですし、新たなお客様にも
お越しいただけるようにいろいろと考えて動いて
行きたいと思います。

ありがとうございます。
これからもどうぞよろしくおねがいいたします。
[PR]

by aroma_amitie | 2008-10-18 00:00 | サロンのお客様へ

教えていただきました「ブラックペッパーの嚥下機能改善」

こんばんは。

今週水曜日の病院では、また新しいアロマセラピーの試みがされていました。
嚥下学会(正しい名称は違うかも)で、「ブラックペッパー」の香りが、嚥下障害を
改善するとの発表がされたとのこと。
嚥下作用とは、食べ物を飲み込む反射機能ですね。
それで、ブラックペッパーの香りが塗布されたシール状のものが商品化されて
いるらしく、そのサンプルを看護師さんがお持ちで、ある患者様に試していらっしゃい
ました。そのシールに効果があれば、ブラックペッパーの精油を購入して独自に
利用してみたいとのことでした。

家に帰ってきて、「ブラックペッパー 嚥下」と検索すると、2年まえに東北大学で
研究・発表されていて、記事がいくつか出てきました。
2006年の薬事日報と朝日新聞から~
「<コショウが嚥下反射を改善、誤嚥予防に有用>
 調剤薬局チェーンのオオノ(代表取締役社長大野武氏)と東北大学の研究チームは、黒胡椒精油由来の「喉下障害改善剤」について特許登録を終え、製品開発を進めている。東北大学医学部の海老原孝枝氏らが中心になって、黒胡椒の嚥下能力に及ぼす作用について研究してきたもので、黒胡椒精油を毎食前に嗅ぐことによって、嚥下能力の改善が図られるとの研究結果が得られている。 海老原氏らの研究によると、胡椒の香りを嗅ぐと反射的に唾液が分泌されるだけでなく、嚥下に関係する脳の特定領域の血流が増加することが分かった。高齢者では細菌性肺炎ばかりでなく、誤嚥性肺炎もかなり多くを占めている。特に、脳血管障害など基礎疾患を抱えているケースでは、誤嚥の予防が重要。食品として使用されている胡椒で予防できれば意義は大きい。研究成果は、近く「アメリカ老人医学会誌」に掲載される。
 海老原民らは、黒胡椒精油の嚥下能力改善作用が、唾液分泌ばかりでなく、嚥下に関係する脳の領域にも作用しているのではないかとの仮説を立て、脳血流の検査を行った。その結果、嚥下に関係する脳領域の血流量が増えていることが確認された。
 研究は東北大学医学部老年内科が中心になり、入所者の半数以上が脳血管障害などにより、嚥下能力低下が認められている宮城県内の老人保健施設で行われた。平均年齢85歳の男女入居者105人を二つのグループに分け、それぞれ1カ月間、毎食前に黒胡椒精油、ラベンダー精油、水の臭いを嗅いでもらい、食べ物を口に入れてから、嚥下反射が起こるまでの時間を調べた。その結果、実験前は平均15~17秒だったものが、黒胡椒精油のグループは平均約4秒と大幅に改善されることが見出されたという。
 共同研究を行ってきたオオノでは、黒胡椒精油由来の嚥下障害改善剤としての特許登録を、今年1月27日に終えている。特許権者は東北テクノアーチとオオノ。特許登録されたのは、「ブラックペッパー精油の有効成分を経鼻吸入形態にて適用される嚥下障害改善剤」で、製品については現在開発中としている。」
「神経の「サブスタンスP」と呼ばれる物質が少なくなると嚥下反射が低下すること、神経にあるカプサイシン(トウガラシの辛味成分)の受容体を刺激すると嚥下が改善することを確かめており、においの強い黒コショウによる改善効果を調べた。 海老原さんは「コショウのにおいが脳に作用し、サブスタンスPが増えたのではないか」とみている。」

2年前に開発中だった改善剤が商品化されてそれをスタッフの方は先日お持ちだったのでしょうか。

料理で使う黒コショウと同様、精油も、「健胃作用」「消化促進作用」などの特性があり、上のような作用に関連を感じますが、アロマトリートメントで使うときは、温める作用があることから、身体的にでしたら、筋肉をほぐすということに使ったり、意外にも柑橘系の精油に含まれるリモネンという成分が多くフレッシュでかつスパイシーな香りということから、精神的な疲労などに使用したりします。
上記のような効果は、やはり医療の専門分野の研究からわかることですね。
薬じゃなくて、黒コショウのそれも香りかぐだけいいのだから安心して使えていいですね。

患者さまの胸のあたりにシールが張られていましたが、効果を次回お聞きするのが楽しみです。
[PR]

by aroma_amitie | 2008-10-11 00:00 | セラピストの活動

10月期講座初日

こんばんは。
今日は、池袋東京カルチャーヴィレッジのアロマ講座10月期の初日でした。今日初めていらっしゃる方々の入門講座。ご自宅でアロマを取り入れられるようにアロマや精油の基本知識、覚えておくと納得してトリートメントを行えるリンパのしくみ、すぐできるセルフトリートメント、相モデルでのハンド・フットトリートメント。トリートメントには「気」を感じて頂くところまで入れます。(気のせいでなくて。(^.^)) これを体感できるとトリートメントをより大事に扱っていただけるようになるからです。
急ぎ足ですが、こんな内容で進めていきます。
今回12名定員フルで始めることができてうれしいです。
カルチャーのオープン当初からご縁あって、多摩から通っていますが、10月で3年目にはいりました。この間、他のアロマセラピー講座がいくつも開講されましたが、この「アロマリンパマッサージ講座」だけがなくなることなく続いています。これは私にとって、評価をいただいていると思え、うれしくありがたく感じています。

受講の皆さんのいらっしゃった目的はいろいろです。興味を持ち初めてアロマに触れる方、ボランティアに役立てたい方、お仕事にアロマの知識を加える最初の一歩にいらした方、ご家族にトリートメントして差し上げたい方・・・それぞれの方の目的にお応えした内容になるようにすすめていきたいと思いますが、まずは、ここへいらっしゃったら、他では持てない2週間に一度のリラックスタイムとなるようにもっていくこと。これを一番の重要なポイントとしてすすめていきます。

受講の皆様、どうぞよろしくおねがいいたします。(^.^)
[PR]

by aroma_amitie | 2008-10-06 00:00 | セラピストの活動

「精油を加えてすぐ使える基礎化粧品ベース」のご案内

b0145479_455811.jpgエッセンシャルオイルを添加してすぐ使えるベース化粧品とヘアケアの基材が届きました。
左から順に、シャンプーベース・コンディショナーベース・フローラルウォーターゼラニウム・乳液ベース・アロエベラジュース・クリームベース・ジェルベース、グリセリン・リボゾーム(前の列)。お値段は、すべて2000円前後となっています。
サンプルを置きますので、お気軽にお試しくださいね。シャンプーとリンスは、お試しは難しいですが、アロマデトックススチーム(よもぎ蒸し)のあとのシャワーでご面倒でなければどうぞ使ってみてください。私が試してみたところでは、シャンプーは少しきゅっとなりますが、コンディショナーを使うことで軋みを回避できます。

例えば、こんな風にアレンジしていきます。

(化粧水)
①ゼラニウムウォーター+グリセリン(またはリボゾーム)+ジェルベース
②アロエベラジュース+フローラルウォーター

(乳液ベース・クリーム基材・ジェルベース)
①そのままのものにエッセンシャルオイルをプラス
②それぞれに、キャリアオイル(ホホバオイル)を少しプラスしてしっとり
③ビタミン類をプラスすることも可(これからご用意いたします。)

この3つは、どれもとっても肌なじみがよくすっと浸透していきます。
どのお肌のタイプの方にもお使いいただけます。
冬場は少しホホバオイルなどを加えるくらいが良いかもしれません。
乳液ベースは、ボディローション・ハンドクリームとして使えます。
クリームベース・ジェルベースも、お顔だけでなく、ハンドクリームとしてもOK。
ラベンダーなどの精油を添加すれば、皮膚のかゆみ止めとしても使えます。

蜜蝋やシアバターやココアバターを使って「手作りクリーム」をお客様と一緒につくるということもいつかしてみたいですが、今回は気軽に利用していただけるものからご紹介してみようと思います。

クレンジングベース・ビタミン類などもこれからご用意する予定です。
明日は、神田の理化学機器の問屋さんで、小分けボトルを仕入れてきます。

各基材の成分もこれからブログ上でもご紹介していきますね。

今回、初めてサロンでの販売を始めましたが、私に無理な在庫もノルマもないので(残っていれば私も順番に使っていくという程度の量。)、無理におすすめするということはありません。ご興味のある方に、楽しんでご利用いただければうれしいです。
[PR]

by aroma_amitie | 2008-10-05 00:00 | サロンのお客様へ

オススメの本を置きました

b0145479_7593695.jpg

b0145479_80949.jpgb0145479_802988.jpg









おはようございます。
花は夏から変わりませんが、昨日サロンへ着いたらちょうど日が射して映っていました。季節が変わって日の当たり方も変わると、同じ場所でもまた雰囲気が変わって見えます。ハンギングの日々草は枯れてきているのがあるのですが、このインパチェンスは今も力強く咲いてくれています。ぱっぱと動ける自分のペースを乱されるとイライラしやすい・・という傾向には「インパチェンス」のフラワーエッセンス・・らしいですが(素人なので詳しくは専門家に・・^^;)、実物のエネルギーを感じてももちろんいいわけですよね。この頃イライラ気味022.gif・・というお客様、このインパチェンス056.gifのエネルギーを感じてみるってのはどうでしょうか。目に見えませんから、そんなつもり・・で。(^.^))
サロンの外はこんな風です。

中もちょっと変わりました。左、仕事を始める前、アロマ趣味に走っていたときから最近までのアロマセラピー関連本です。5年前に始めた当初と比べ、断然、ご自宅で精油を使う方が増えてきました。見てすぐ使える本からさらに興味が深まっている方まで対応できると思います。取り寄せする前にチラリと確認にもどうぞ利用なさってください。

右は、私の個人的な趣味から発しているものですが、主に、身体とこころの関連についての本から入っています。オススメついて少し。
「ルイーズ・L・ヘイ」さんの「ライフヒーリング」。不調の症状とその原因となっている深い思い込み・心理状態、そのバランスをとる為のいろいろな方法やアファメーションなど。これはかなり昔の本なので、既に絶版のようです。最近、この趣旨の本を書かれていて多くの人が読んでいるのは「リズ・ブルボー」さん、「身体の声を聴きなさい」だと思います。
それから、「ジェラルド・ジャンポールスキー博士」のシリーズ。アティテューディナル・ヒーリング(「生き方を(にたいする態度)変えるヒーリング」)、こころの状態や行動を「愛」から発しているものか、それとも「恐れ」からでているものなのか・・というシンプルな見方をして「受け入れる」・「許す」。「自分が、自分で、自分を、癒すプロセス」について書かれています。「こころの安らぎ」を見出す方法。チャネリングを通してもたらされたと言われる「奇跡の学習(ア・コース・イン・ミラクルズ)」の情報がもとになっていますが、どなたが読まれても何も違和感を感じるところはないと思います。大丈夫です(笑)。オススメです。
[PR]

by aroma_amitie | 2008-10-04 00:00 | サロン日記

治療に愛情もプラスすると

b0145479_011292.jpg猫の家族はこんな風に素直だニャー。













先週初めてアロママッサージを受けられた患者様がいらっしゃいました。
足のむくみがあったので、看護スタッフDさんがおすすめしたのだと思うのですが。
3時から面会時間のため、ちょうどご家族様もいらしていました。それで、30代か40代前半くらいの息子さんが、見学されていたんですね。
じーっと見ていて、そして私に聞きました。
「あまり素人が触ったりしちゃいけないんですか。家族でも出来ますか。」
「えっ、もしかしてやってみたいですか。(うれしい、男の人がめずらしい)」
「ちょっとむくみが目立つからできるんだったらやってみようかな・・と。」(すばらしい人!!)
「それはもちろん、ご家族様がいつもやってあげたらもっといいと思います。この時間に合わせていらっしゃれば、アロママッサージの仕方をお教えしますよ。」とお応えしました。

そしてその日は10分くらいのマッサージを私が続けました。
お母様である患者様は、息子さんがマッサージをしようかな・・・などというので、
照れくさそうなうれしそうな、でもなんだか申し訳なさそうな・・でも
やっぱりうれしそうな返事と表情をなさっていました。
(お元気だったときには、考えられないやりとりだったのかもしれないです。)

そして、今週、その患者さまのところへ行きました。
すると、「むくみがだいぶひいてね、よくなりましたわ。」と仰るので、
見せて頂きますと、本当に先週とは全然違って、多少はあるけれどもそんなに問題と
思えるほどでなくなっています。

ここで、息子さんがこの1週間の間にマッサージをしたのかというとなさっていません、
そうではなくて・・。(笑)私が面白いなぁと思ったのは、
息子さんが「僕が母にマッサージをしてあげたい。」って言ったからそれだけで、
お母さんちょっといい感じになっちゃったのかなぁという気がして。


逆に、アロマの時間がちょうど面会時間にあたると、それがお帰りのタイミングになって
「じゃあ今日はこれで帰るね・・、では後はよろしく。」と行ってしまわれる方も
いらっしゃいます。
たまたまかもしれませんが、ここで置いていかれる患者さまの足は、
毎回トリートメントにうかがっても、ちっとも小さくならないのです。
「足がこんなになっちゃって、ちいともよくならないねぇ。」という会話を
毎週することになります。(-_-;)
一緒に関心を持ってくれたら、もしかしてちょっと違う状況になるのでは
ないかなと思うときもあります。
でも、これは、ご家族様に愛情がないのではなくて、もしかして、
病気の人の身体には素人がむやみに関わったり、触っては
いけないのだ・・と思っていらっしゃるのかもしれません。

何年も前ですが、夫の祖母ががんで入院したときにお見舞いに行きました。
そのときに孫である私の夫は誰に促されるでもなく祖母の足や手を
一生懸命さすっていました。
当時私は、病院もお見舞いも病気の人も恐くて、
「こんな風に勝手に病人にさわっていいのかしら。」って思ったんです。
怖れです。叔父も私と同じように感じて、夫を咎めお恥ずかしい話ですが
ケンカになりました。
どっちも愛情あってのことなのにケンカになるなんて
どういうことだろと思いましたが。

病状や病気によっては、勝手に触ってはいけない場合もあるかもしれません。
でも、大方は、愛情こめて触れてあげるということは、病気の人には
とってもいいことだと思います。

女性の入院患者様は、家事や子育てやその他、自分のしたいことを
我慢して家のために尽したり、誰かの面倒をみたりしてきた方が多いように
思います。(女性はそういう生き方が当たり前の時代に生きた年代の方)、
もうこんどは「私が甘えたい」という無意識の思いがあるのかなぁ・・と感じます。
そこで「甘やかす」ということではなくて、患者様が本当に元気づけられて、
私よくなろう・・と思えるような愛情をしっかりご家族様が示してあげることが
出来れば、それが回復にも影響するのではないかななんて思うのです。

元気で毎日を過ごしている自分たちも、人には言わない心の中で、だれでも
「揺れるこころが平安になりたい」と思っていて、そのために
毎日みんな必死でいろんなことをしたり、ごまかしたり紛らわしたりも
しているわけですが、病気の方にはごまかしも紛らわしもない
本当の意味の「こころの平安」」があってこそ、よくなると思うのです。
家族はそのサポートをすることに気づくがことが「学び」ということかなと
と考えてます。

もし自分が病気になっても、家族がそうなってもどちらの立場でも
「病気から学んでいる」という態度でいられるようでいたいなぁと思います。
難しいかもしれませんけどね。
[PR]

by aroma_amitie | 2008-10-02 00:00 | セラピストの活動
line

京王八王子駅前 アロマサロンAmitie セラピストのブログ


by aroma_amitie
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31