吟遊詩人まみやゆうきさん

b0145479_15175872.jpg
b0145479_15182243.jpg










まみやゆうきさんの詩をご紹介します。
色紙は、私の歌を聴きながら書いてくださってプレゼントして下さいました。ありがとうございます!
その下は、名前(姓名)を書くと、彼はインスピレーションから書いてくれます。じーっと考えて搾り出したりしません。(笑)さらさらさらっと。尽きない感じです。その場にいない人へも書いてくれるのですよ。 名前以外のことはお話しません。

(私の主人へ) 

木に止まる とりたちの声が 
あなたを待っている
こころを休めて
身をやすらいで
今の一呼吸が 光となる

・・なんで、主人が週の半分は東京にいられず、とても疲れていることを
知っているのか?(笑)

(16歳の姪へ)

空をとぶ 七色の風船は
つながれていないのだから 
飛んでいける
自由に 自由に 
自由こそ 力になる
とんでゆけ あなたの想いの方へ

(父の病気(そううつ病)と付き合いながら70歳まで働いてきた母へ)

あなたがあるいてきた道には
たくさんの花が咲いている
こころが降らせた雨と
こころがてらす光が
その花を咲かせた
今 こころからありがとう

(何もいわないでがんばる兄へ)

何も ためらわず 何も 迷わず
何も 傷つけず 
何からも 傷つけられず
生きてなんていけないから
そのすべてをかかえながら
歩いていこう 信じた道を

書いてくれた後に、きちんと読み上げてくれるんですよ。
なんか、涙が出てきてしまいました。

家族に贈ります。

まみやさんが、私の家族のエネルギーを感じて書いているのか、私の
もっている家族に対する想いを感じて書いてくれているのかは、
よくわかりません。
でも、皆が、’わぁ、うれしい’と思うのは、自分のことならば
’このひとわかってくれてるんだ’って思えたり、家族へのことばならば、
なかなか伝えられない気持ちをこうして、的を得たようjに、しかも、やさしく
美しいことばで表現してくれているからです。

こんな風に、2時間の間に淡々と何十枚も彼書いていました。

こういう能力は、こうして詩になったり、音楽になったり、絵になったり、
そしてヒーリングにも大切なことです。

雑念にくもってない人の力はすごいです。
繊細すぎて、もしかして生きにくく感じられることも
あるかもね・・。

本当にステキな人が遊びにきてくれました。
まみやさん、本当にありがとうね!
[PR]

by aroma_amitie | 2009-10-26 15:12 | 日常のこと
line

京王八王子駅前 アロマサロンAmitie セラピストのブログ


by aroma_amitie
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31